読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般高校生の日記

長門教信者Masa24による信仰日記。主に日常や部活についてがメイン。

恐怖!カット脅し

どうも。

本日は午前から練習ですた。

10時より開始。

寝落ちして、目覚ましをつけずに起きたらちょうどいい時間。

寝落ちなので決して気持ちのいい朝ではなかったけど。

むしろ、食卓で寝て気持ちがいいわけがない。

手は痺れていて一瞬誰かの腕が落ちていると思ってgkbrしてしまったし。

俺はオカルト関係の話が大の苦手です。

本当に苦手。

大事な事なんで。

むしろ、得意な人とかいるの?

たまーに休日とか、記事を書いていて丑三つ時になることとかあるけど、そんなときは絶対に二階に行けない。

んでもって、そういうときに限って怖いまとめを読んでしまうのよね・・

読んでいてとても怖い。

それを楽しんでいる自分がいることもまた怖い。

 

集合には普通に間に合った。

本日は11時半までの練習と思い、いつも以上に集中した。

野暮用が3日くらいは続きそうなもんでね。

何とか部活に行けたらいいけど・・

と少し心配だった。

とりあえず、11時半に早退することをmtgにて報告。

すると、顧問より一言。

「午後の合同練習に参加しなければ、まあカットだろう」

今から思うと、ただの脅し文句のように思えるが、そこで俺は少し危機感を感じた。

そのときは快く「はい!」と返事してみせたものの、内心はそれなりに焦っていた。

そうして、練習した後早退。

早退した後に少し考える。

「これはやばいな・・」

いくらコンクールではない、コンサートであるとは言え、あの日は両親、そして祖父母が二人共来るのである。

ここで抜けちゃ自分の顔がたたないだろうと。

正直に言うとそういう理由。

というわけで、両親に連絡し(親関連の用事だった)、用事を断り引き返した。

 

顧問がそこまで言うので厳しい練習なのかと思ったのだが、いざ来てみると・・

あきれた。

想像以上に自由な雰囲気。

まぁ、あの人数である上におじいちゃんもいるんじゃなあ・・

ただ、あの人数を一気にまとめられる指揮者の力には少し感動した。

1パートだけでかなりの人数がいた気がする。

声も本当に分厚い。

後ろで歌っている人が鳴る鳴る。

パーリーが「喉つぶすなよ」っていう理由がよくわかった。

まぁ、グリフェスなんできを落ち着けて。

楽しく歌って、しっかり自分達で満足しよう。

 

明日は、一週間前最後の詰め込み二部練!

明日が一番の山となるであろう。

もちろん、ちゃんと9時に行くぜ。

 

野暮用もなくなったし(ボソッ

 

 

 

 

 

 

 

追伸

こういう形式で文章書くのってどうだろう。

正直、一日の色々な内容の入り混じった記事のタイトルってものすごくつけにくいのよ。

何をメインにしようかものすごく迷う。

というわけで、タイトルとは別にこういう枠を設けようかと。

必要時に随時って形で。

 

というわけで、着実と合唱ブログをなっていっている我がブログ。

部活後は三宮へ。

元バスケ部のH、そしてしんふぉと会う約束をしていたのだ。

せっかくだし、ウィンターカップに行ったあいつらからその感想をきいてやろうと。

俺も行きたかった・・・・・・・・

 

集合は5時頃。

とりあえず、せっかくだしバスケをしようということに。

三宮にいいコートがあるそうな。

実際行ってみると、いい。

すごくいい。

日陰があるのに無料という素晴らしさ。

まぁほかの人がいるのはネックだけどね。

 

そう、問題はこれだった。

俺らがコートに入っていこうとすると・・

 

発見。

高校のバスケ部員。

後できいた話によると、彼らは「裏インターハイ」なるものを行っていたそうな。

まぁ、とりあえず迷惑はかからないだろうと、3つあるうちの1つを使ってバスケ。

外人の素人の子供や、性別不詳の中学生?らしき人達2名と遊んだり。

なんせHがフレンドリーなもので。

流石のアメリカ人気質。

コミュ力とも違う何か特別な力を持っていらっしゃる。

多分あいつがいなければ気まずくシュートを打ちっぱなしだっただろう。

 

で、そんな中学生相手に本気だった俺。

本気じゃないと追いつけない、抜けない・・

衰えたもんだ。

あるいは相手が上手すぎるか。

悠々とテクりまくりのプレーで着実にシュートを決めていくHが腹ただしくて仕方がなかった。

俺もいいところ見せたかったわ・・

時間とは酷いものです。

 

まあ、いい運動にはなったよ。

晩飯も楽しめたし。

色々と懐かしい話を繰り広げながらの食事。

楽しいね。

女子会()をやる連中の面白さがわかってきた気がした。

それをいいとは欠片も思ったことはないけどね。

 

 まあとりあえず、楽しかったよ。

本当の記事よりも長くなってしまったとか言っちゃだめだよ。

 

うん、やっぱり追伸いらないね。

 

以上、長門ネ申!!