読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般高校生の日記

長門教信者Masa24による信仰日記。主に日常や部活についてがメイン。

人生は安全策

どうも。

本日も一応学校はありますた。

コンクール前練習が最終日ということで。

下手をすれば、これで先輩達のコンクール練習は最後になってしまうのだなぁ。

先輩らも、流石に三年もやっているとなると少なからず感慨深いものはあるだろう。

そんなことを考えながらの登校。

 

授業について。

一科目だけではないが、最近の俺に多いこと。

 

忘れ物が多い。

ノート、筆箱、消しゴム、ものさし・・

ノートを切らしていても無視。

家に帰る頃には忘れてしまっている。

入学時、目標にしていた「高校真面目デビュー」。

今まさに崩壊しかけているわけで。

確かに、日に日に部活は厳しくなっている。

はっきり言って、とても勉強などできる状態ではない。

だが、果たしてそれは帰り道の数分教科書を眺める程度の時間すら取れないほどのものなのだろうか。

帰宅後数十分勉強できないレベルなのだろうか。

俺は自分に問いたい。

はっきり言う。

このままならば、次のテストの平均は70点をきるだろう。

古典とか、全く理解できないし。

というか、教科書すら持ってきていないのに理解しろって言う方がおかしいよね。

少し甘くなってしまっている自分。

そんなのでは、合唱でもいいものを見せることなどできやしない。

もう少し、普段の姿勢を見直さなきゃな。

ケータイをいじることに通学時間の全てを費やすのはものすごくもったいない。

もう始業しているのだ。

勉強の比重をもう少し高めなきゃ。

 

その後、部活へ。

本日は最後の大詰め練習。

ここが低いだの、何か顧問が気づいた箇所があったらこう直せだの、それを言っていただき、より改善していくというもの。

指揮者も言っていたがいわば「見直し」である。

もしかすれば、この一週間は無駄だったで終わるかもしれないし、「あのときあれに気づいておいてよかったな」となるかもしれない。

それならやっておいた方がいいじゃないと、言わば「安全策」なのである。

だからこそ、気を抜かずにいる必要があるわけだけど。

まぁ、最終日である今日に言っても仕方ないかもしれないけど。

 

そして、最後に中学の中庭にてメンバーのオーダーの配置確認をし、終了。

先生の予告通り、最終的には7時頃になってますた。

中庭で歌えるとは夢にも思わなかったね。

外の暗さと、曲の雰囲気があいまってなかなかいい雰囲気を醸し出してますた。

またあそこで歌いたいね、うん。

 

そして、明日は小学校の文化祭!

去年に引き続き、旧友と交流してきまする。

 

以上、長門ネ申!!